本文へスキップ

保育士になるためのゴールデンルート

保育士になるためのゴールデンルート

保育士になるためのゴールデンルート

保育系学科の大学

保育士の仕事に就く方の多くは、保育系学科が設置されている大学に入学しています。大学にもさまざまな種類があり、設置されている学科もそれぞれ異なります。その中から自分が通う学科を決定するわけですが、保育士になるためには、保育の知識を専門的に学べる学科に進むのが王道のルートとなるのです。学費は決して安くないものの、専門的な知識はもちろん、基礎から応用まで知識を深めていけるという点では、より魅力が大きいと言えます。また、その手の大学の場合は、保育所などからの求人も集まりやすい傾向にあります。

保育系大学を卒業すれば、そのまま保育士としての道が切り開けるわけです。当然ですが、仕事自体は簡単ではないので、就職してから続けていけるかどうかも重要となります。保育士になるためには、どちらにしても保育士の国家資格を取得することが必要となるため、そこはじっくりと勉強を積み重ねて、試験当日に挑むことが必要となります。ちなみに、保育士試験の合格率は10%〜20%と言われているので、その点も考慮して勉強を進めていくことが必要となります。難関ではあるものの、手に職を付けて働けるという点を考えると、大学に進む価値は十分にあると言えるでしょう。